自  お問い合わせ 0439-54-8511 

株式会社 ONE'Sプランニング 
トップページ
ポリシー
ONE’Sの家
お施主様
会社情報
                         
                         
                   
 
     トップページ > リフォーム例
建築例
リフォーム例
花畑緑の暮らし
D I Y
不動産情報

リフォーム・外構・その他工事の一部施工例をご紹介します
 
建物の改修工事を伴うリフォーム  L型キッチンを I 型に変更
           
 
18年間使われてきたキッチンのリフォームです。
従来のL型はコーナー部分の作業性が悪かったため、LD側との間仕切り壁を作り変え、 I 型に変更することにしました。
また当初はIHヒーターをご希望でしたが、震災後、やはりガスがいいとお考え直され、そのかわり給湯機もエコジョ-ズに交換したため、
これまでよりガスの使用を減らせるようになりました。
お施主様に喜んでいただけたのが、キッチンが新しくなったのも勿論ですが、長年結露に悩まされていた窓に取り付けたペアガラスの内窓です。
調理の湯気がガラスに結露し、それが原因で周りのクロスもカビていました。
今回のリフォームで、作業性が大幅に改善し、明るく、結露からも解放されたキッチンに生まれ変わることができました。
 
 
建物の改修工事を伴うリフォーム  洗面所を縮小してトイレを拡大
       
 
2階トイレのリフォームです。
当初は便器交換のご依頼でしたが、見せていただくと、手前の手洗いスペースは充分過ぎるほどの広さがあるのに対し、
奥のトイレが狭くて使いづらく、可能なら直したいとのこと。
そこで今回は既存の壁を撤去し、トイレスペースを広くすると同時に、便器の向きも変更。
幅・奥行ともにゆったりしたトイレ空間を確保することができました。
また、これまでのドアも引戸に変更したため、出入りも楽になったとのことです。
手洗い部分については、これまでの作り付けカウンターを撤去し、新たに扉付きのカウンターを作らせていただきました。
 
 
建物の改修工事を伴うリフォーム 手洗いスペースとトイレを一体化
         
 
医院待合室のトイレリフォームです。
これまで廊下より1段下がり、便器の部分でまた高くなっていた内部の床をすべてバリアフリー化し、
入口の幅も広げることで、車椅子での利用ができるようにしたいとのこと。
そして、多少暗い感じだったイメージを一新し、明るく清潔なトイレに作り変えることです。
段差をなくす床は、廊下よりトーンの明るいクッションフロアーとし、壁は掃除がしやすくいつまでも清潔さを保てるようにとパネル張りの壁面としました。
また幅を広げた入口は、これまでの片開きドアから引戸に変更され、内部も手洗い部分とトイレ部分をワンルーム化することで、
車椅子の方にできるだけ楽に利用いただけるようレイアウトしました。
壁面には赤ちゃん椅子やベビーベッド、手荷物フックなども新設し、若いお母さんにも安心して来院いただけるトイレに生まれ変わりました。
建物の改修工事を伴うリフォーム 和室を縮小してバスルームを拡大
           
 
足が伸ばせるような広いバスタブと、洗い場ももっと広くしたい」というご希望でした。
とはいっても元々のお風呂は0.75坪、敷地には増築する余裕はないため、隣の和室を削るしかありませんでした。
ちょうどバスルームの隣は和室の押入れだったため、そこまでバスルームを拡大し1.25坪に。
このままでは和室の押入れが無くなってしまいますが、元々「8畳の和室はほとんど使わないため、6畳にして、その分仏壇置き場を設けたい」とのご希望と合致。
新しい押入れと仏壇置き場、それと扉付きのクローゼットもも設け、ついでにトイレも最新の節水型に交換しました。
 
 
断熱補強も同時施工 風呂・洗面・トイレ・居間のリフォーム
 
         
 
柱や梁などしっかりとした立派な日本家屋ですが、いかんせん当時の建築は断熱材が入っていないため、冬の寒さが欠点でした。
このためユニットバスは浴室全体の断熱タイプを採用し、更に建物にも断熱材を入れることにより、
冬の寒い日でも温かいお風呂になりました。
また隣の洗面所は床を張替え、洗面台を交換。同時に洗面台や洗濯機のレイアウトを変更し、着替えも楽にできるようになりました。
トイレも従来の和式から洋式にリフォーム。バリアフリーにして、手すりも設置しました。
家族が集まる居間も、この機会に床を張り替えることになったため、床下にも断熱材を施工。
今回は、単に老朽化した箇所を新しくしただけではなく、より快適に、より楽しく暮らしていけるようなリフォーム工事でした。
 
 
 
東日本大震災被害 瓦復旧・外壁補修塗装工事 
         
 
 
.3.11大地震の被害は、県南各地にまで及びました。
君津市内のこちらのお宅も、屋根の瓦がずれ、外壁のモルタルに亀裂が入ってしまいました。
以前の瓦は、土を詰め、針金で縛って固定していたため、強い揺れで中の土が崩れ、瓦がずれてしまったのです。
ずれた瓦を1枚1枚はずし、土の替わりにモルタルを入れ、新しい針金で固定し直します。
また、亀裂を修理した外壁は、これを機会に全面塗装し直すことに。
ならばと長年風雨にさらされ黒ずんでいたポーチ柱を、お施主様が研摩され、美しい木肌が見事によみがえりました。
 
2ヶ所ともヤマハで施工 キッチンリフォーム 
 
         
 
母屋と離れのキッチン、2セットともヤマハでの施工です。
最近、離れの外にDIYでピザ窯を作られたことや、都会暮らしのお嬢様が帰られた時、こちらの離れを使われることなどから、
もう1つミニキッチンがあったら便利ということで、お話しをいただいたのが始まりでした。
ところが、施工させていただいたヤマハキッチンを大変気に入られ、母屋のキッチンも入れ替えることに。
とはいえ、従来の設備に損傷があったわけでもないため、同系色の吊り戸棚と換気扇フードはそのまま残し、
水栓金具も既存のものを付け直させていただきました。 
離れのキッチンは180cmの空きスペースに合わせ、カウンターはヤマハで特注してもらいました。
以前からあったバーベキューの炉と新設されたピザ窯、そしてすぐそばに設置されたミニキッチン。
生活をエンジョイされるお施主様の暮らしが、一段と楽しく便利になりました。
 
居抜き貸店舗改装工事 居酒屋開店リフォーム
 
       
 
オーナー様にとって居酒屋経営は初めての経験。決して資金も充分とはいえませんでした。
そんなM様のご依頼で見つけた居抜き貸店舗は、家賃こそ予算内でも、とてもそのまま開業できる状態ではなく、
そこで「できる限り低予算で素敵なお店に」という改修工事を実施することになったのです。
内外とも焦げ茶色に塗り替え、昔風の造作は撤去。
白一色だったクロスも、天井を淡いあずき色、小上がり席の壁面をベージュとすることで落ち着いた店内となりました。
また入口につけたチャンネル文字の店名がスポットライトでほのかに浮かび上がり、常連のお客様にとって居心地のいいお店となることを目指しました。
 
居抜き貸店舗改装工事 洋食レストラン開店リフォーム
           
 
洋食レストランの開店リフォーム工事です。
以前はイタリアンレストランだったのですが、周囲に店舗も増え目立たなくなっていたため、思いきり目立つ外観に変更。
入口から奥まで何も遮蔽物がないため風除壁を新設するとともに、仕切り壁や縦格子、カウンター壁を
シックなブラウンで統一しました。
また、トイレ脇レストルームには、女性のお客様がお化粧直しをできるように小物をを置けるスペースを設けるとともに、
ベビーベッドも新たに設けました。
 
 
古い物置再生と増築・パーゴラ新設 エクステリア工事
 
         
 
 
庭先先にパーゴラを設置し、物置小屋も増設しました。
パ-ゴラより3方向に敷かれた踏み石は、ガーデニングが趣味の奥様自作です。
外壁が朽ち、中の土壁も崩れかけていた古い物置を再生し、隣に新しい物置を増築。
窓はとってあった古い窓枠をきれいにリストアして、大工さんに取付けてもらったものですが、現代のサッシとはひと味違う暖かさを醸し出しています。
 
駐車場・スロープ・門柱 外構エントランス工事
 
           
 
Rを基調とする外構です
駐車スペースは、手前に2台と奥の右半分に1台。
奥の左半分に設けられたアイアン製手すりのスロープは、Rの壁と枕木で目隠しし、R壁にはアイアンネームを取付ました。
またこの壁と対をなす逆Rの壁を右奥に設け、Rの階段や花壇、
そして敷地入口から奥に向かって描かれたシンボリックな曲線など、
全体としてエレガントにまとまったアプローチは、周囲のありきたりな外構とは一味違った存在感を醸し出しています。
 
 
建物全体の補修工事工事 外壁補修・屋根張替え・窓交換・外壁塗装工事
 
       

 
海を見下ろす高台のため、眺望は良いのですが、風が強いのが欠点のお施主様宅。
新築以来30年近くの間、一度もきちんと手を入れたことがなかったとのことで、屋根・外壁・雨樋と、傷みは外周り全体に及んでいましたが、
海からの風をまともに受ける東側が特にひどく、サッシ枠から浸入していた雨水で外壁ばかりか柱や土台まで腐食していました。
修理は1F・2Fとも東側室内ボードを全てはがし、傷んだ外壁を窓ごと切り取り張替えて、柱や土台も一部交換するという大工事。
工期は1ヶ月に及びましたが、外した窓は全てペアガラスにサッシごと交換。全体のコーキングを打ち直した上で、全塗装しました。
また屋根もガルバリゥム鋼板で葺き替え、雨樋も新品に付け替え。
ついでに断熱材も新しいものに入れ替えたため、外見ばかりか住み心地も一新。これからも安心して住み続けていただける家にリフォームできました。
 
パーゴラ・カラー舗装・フェンス設置・屋外販売窓口 ケーキ店改修工事
 
           
 
ONE'Sで建てさせていただいた、市原市のエリソンさんです。
その後お店は順調に繁盛し、看板の追加・店内や厨房の棚追加・厨房の断熱性能向上・屋外照明の追加・・・等々、
事あるごとに様々な改良改修工事を実施してきましたが、今回は外部工事です。
ケーキを買われたお客様が、外でゆっくり座って食べていただけるスペースを作りたいとのことでしたが、
利用できるスペースは入口脇しかないため、花壇部分をカラー舗装に変えて、パーゴラで囲むことにより、オープンカフェ的な空間を作りました。
また敷地端にもフェンスを設置したため、隣家の住宅フェンスが見えなくなり、とてもいい雰囲気になりました。
フェンスは後々のメンテナンスを考えて樹脂製の疑木です。
更に、クレープやかき氷などの人気テイクアウトメニューに今回ワッフルなども加わり、厨房・店頭ともに手狭になってきたため、
これまでのストックルームを改修し、クレープなどはこちらで焼いて、出来立てをそのままお渡しできるような窓口も新設。   
店舗脇敷地も同じ素材で舗装したため、全体の統一感が出て、よりお洒落なケーキ屋さんになりました。

        
 株式会社ONE’Sプランニング
千葉県君津市外箕輪31-1
TEL 0439-54-8511  FAX 0439-54-8521 
サイトマップ トップページ ポリシー  ONE’Sの家 お施主様 会社情報
    建築例 リフォーム例 花と畑の暮らし D I Y 不動産情報
    家づくり流れ 家づくり諸費用 不動産購入 実例家づくり 実例花畑
    個人情報保護について サイト利用について  
 
Copyright (C) 2016 one's planning Corporation. All Rights Reserved